「プラシーボ効果」の威力

placebo

「女優の○○さんが使っている美容液を私も使っているからきっと綺麗になれるはず」との思い込みで使い続けて、本当に綺麗になる人、結構いるはずです。なぜなら、人は思い込むことで体調も内臓の状態も影響を受けるものだから。

「プラシーボ効果」という言葉を聞いたことがありますか?「プラシーボ」とは偽薬のこと。たとえて言うなら、末期のガン患者に「ガンを退治する新薬ができました!これを飲めば大丈夫です」と医師から手渡された薬を心から信じて飲んだら、ガンが消えた、という効果。その渡された薬は新薬でも何でもなくただのビタミン剤だったとしても、プラシーボ効果によってガンを克服するのです。

また、痛みを訴える人に鎮痛剤ではない薬を渡して、「これは痛み止めです」と言った実験の結果、8パーセント程の人に効果があった、と報告があります。3割の人に効果があったなんて、驚くほど高い数字ではないでしょうか。

実は、これは美容に関しても同じです。信じてやるのと、疑ってやるのとではまったく効果が違うのです。思い込みというのは現実を変える力があります。それは、私たちの細胞や、もっと言えばカラダを構成している原子レベルで変化を起こすものだからです。

ちょっとだけ物理の話をしますと、すべての物質にはそこに人の意識を向けた途端、現象化(現実になる)する、という特徴があるそうです。これは、自分が「どうなりたいか?」に意識を向けるのと同じです。「この美容液を使ったら綺麗になる」というふうに意識を向けたものは、細胞レベル、素粒子レベルでその「綺麗になる」を現実化しようとするのです。

ですから、大いに思い込んで、これには効果がある!と暗示をかけながら使用するのはよいことでしょう。

しかしながら、このプラシーボ効果は逆にも働くので要注意です。例えば、今、目の前にあるこのケーキには、白砂糖をたっぷり使っているから頭にも悪いし、さらにトランス脂肪酸であるマーガリンをたっぷり使っているから、心臓病になっちゃうかも…さらにさらに、漂白された小麦粉だし、もう、このケーキは毒よ!毒うううーっ!ついでにデブるうううっ!…なんて、本気で思って食べてしまいますと、その情報は潜在意識や脳にいき、カラダ全体が本当に具合が悪くなるように指示してしまう危険性があります。

バスタイムは最強の美容タイム

bustime

忙しい毎日を送っていますと、美容のために時間を確保するのが、難しいという方もいらっしゃることでしょう。しかし、お風呂くらいは毎日入りますよね?この時間をカラスの行水にしてしまうのは、とてももったいないこと。バスタイムに、自分のカラダそのものを触って感謝の気持ちを込めて、愛でてあげるなら、カラダは喜び、どんなに疲れていても、回復することでしょう。

バスタイムは最高の美容タイムです。自分を癒し、自分と向き合い気づきを得て、そこから価値を上げ、メンテナンスをする場所。それを習慣にすると、この先、精神的にも体形もさらによい方へ向かうでしょう。その時間は、ただカラダを綺麗に洗うだけではなく、まったく違う自分になれる可能性を作る時間でもあるのです。

しかも、自分に手をかける、ということは、メンタルへのよい影響もあり、ひいては美にも直結してきます。なぜでしょうか?

それは、女性は時間と手をかけたことに満足感を感じる、という特性があるからです。つまりインスタント的なことには満足感をあまり感じないゆえ、こうして自分に手をかけていることで自分自身が価値のある人間である、と無意識に理解するようになるのです。それらは美しさの土台となります。

こんな美容習慣を取り入れることができるでしょうか?

・ボディマッサージ・ヘッドマッサージ・ムダ毛の処理」
・オイルでの顔コリほぐし・腸もみ・ひじ、ひざ、かかとの角質ケア

また、私がやっているちょっと過激な美容&健康法についてご紹介しますね。それは、お風呂上がりに頭から水シャワーを浴びること。

初めてやったときは水の冷たさで心臓が止まるかと思いました(心臓が弱い方には向きません)。しかし、その後あり得ないくらいカラダがポカポカしてきたのです。

カラダとメンタルはつながっている

mental

以前にも書きましたが、よく自己啓発で言われている自分を大切にする」とは、内面的な部分を大切にするだけでなく、文字通り、カラダのケアも含まれるのです。

自分のカラダが喜ぶことをしてあげること、これを続けるだけで、メンタル面での平衡が取れるようにもなります。自分を大切にしない人は、カラダのケアも怠る傾向があるのです。

まずは、セルフケアから始めましょう。
自分に手をかけているうちに、自分が本当に大切な存在であることに気づいてくるのです。

なめらかな肌の作り方
お風呂でカラダを洗うときとその後のちょっとしたひと手間で、なめらかな肌を作ることができます。いくつか提案がありますので、実践できることからトライしてみてください。

まずひとつ目は、ボディソープや石けんを使って洗わない、ということです。そう言うと多くの方に驚かれるのですが、ボディソープは合成界面活性剤などカラダにあまりよくない成分が使われています。ですので、それらを使うと逆に肌が荒れたり、乾燥肌になってかゆくなったりする方もいます。

石けんを使っていますと、どうしても落としてはならない油分や皮脂まではぎ取ってしまい、お風呂上がりに乾燥気味になりがちです。

それで、代わりに何で洗うのかと言いますと、マッサージソルトを使います。私のお気に入りのマッサージソルトは、ロイヤルハニー入り、またはアロマオイル入りのものでして、力を入れず、優しくお肌をなでてマッサージするだけで、いらない角質がとれて、すっきりします。

カラダをキレイにするだけで、メンタルもキレイになります。逆もしかりなのですが、メンタルを変えるのは結構難しいので、やはりカラダの方を先に変えていくことをオススメします。

美は女性たちの視線で磨かれる

恋をすると美しくなる。彼氏ができると綺麗になる。これは間違いなくそうなのですが、実はこれは一時的な効能。恋をして綺麗になる理由はホルモンが関係していて、男性に刺激されて綺麗になっていくのは、内側からにじみ出る女性らしさや潤いなど。しかし、女性の外見美が本当の意味で磨かれるときというのは、男性がどうのこうのではないのです。常に、あなたの周りにいる女性たちが美を磨いてくれるのです。さて、どういうことでしょうか?

実のところ、女性というのは、無意識にではありますが、付き合う女性や接する女性たちと自分を常に比べています。相手のファッションや持ち物、特に新しいバッグや時計、靴、アクセサリー、はたまた、発色のよい口紅をしていたら、「それどこの?」と聞くことでしょうし、素敵なジェルネイルをしていたら、「かわいい~!どこでやっているの?」と聞くかもしれません。あなたの美しさは周りの女性たちの目にさらされ、見られています。そして、素敵な女性を見ると、あなたはそこからも大きな影響を受け、あなた自身の美も磨かれていくのです。

私たちは自然と、付き合う女性たちに似てきたり、その中での平均値の美しさになっていくものです。不思議なことに、お給料も体形もファッションも、そして、美しさに関しても一緒にいる人たちに似てくるのです。もし、付き合う友達が美しくセンスのいい人たちばかりなら、あなたの美は、その人々からの影響で引き上げられていくことでしょうし、もし、付き合う友達がまったく外見や容姿に興味を持たない人たちばかりでしたら、あなたは影響を受けて、美意識が引き下げられていく可能性があります。それは、あなたが目に入ってくる視覚情報で自然と影響をうけているからなのです。

また、特に既婚者になると、多くの場合は男性目線よりも断然、女性目線を意識し出します。男性のためのおしゃれというよりも、女性に見てもらうためのおしゃれに走るようになるものです。男性に「おしゃれですね」と褒められるのも嬉しいかもしれませんが、女性の場合、同性に褒められたほうが、認められた感があるものです。勝ち負けではありませんが、それでも自分が素敵でありたい、おしゃれでいたい、そして、他人にそのように見られているか知りたいという表れなんですね。

2年以上も前の話ですが、こんなことがありました。よく一緒にいたのは、私も含め、おしゃれに無関心の友人たち。その中のひとりが、自分の会社にとてもおしゃれで美しい女性に生まれ変わったのです。きっかけはやっぱり結婚でした。

色気は内なる清潔感から

iroke

どこの雑誌のキャッチコピーを見ても「モテヘア」「モテ服」「モテ顔」…。「そんなにモテたいんかーい!」とツッコミたくなるのですが、はい。人は、誰もが深層心理ではモテたいものなのです。
巷には露出度の高い服を着る、胸の谷間を見せる、脚を出す…そのような小手先の技がてんこもりの色気の法則がたくさんあるかもしれませんが、肌見せが通用するのは、30代までと思ったほうがいいでしょう。色気というのは、内なるところにあるものなので、発揮しようと思って発揮できるものではありません。恋をした人が、自然と瞳がうるうるして、肌もつやつやして、隠そうとしても周りに気づかれてしまうのと同じ。

ですから、肌さえ見せれば簡単に色気は出るだろう、と思うのは短絡的というか大間違い。肌を見せれば見せるほど、その露出した肌が当たり前になり色気が感じられなくなってしまうもの。一時的に男性の興味を引きたいなら、この肌見せ(特に胸元、脚を出せば)、確かに目を奪うことができます。女性である私でさえ、女性の谷間を見ると羨ましくて、ついついその部分をガン見してしまうくらいですから。

しかしながら、この肌見せというのは、一時的に本当にドキドキすることはあっても、慣れると、逆にそれ以上は性的な魅力を感じさせなくなります。しかも、逆効果になることも。男性が女性と、永続的な深い関係を培いたいと思ったら、ここ日本では胸元をあけている女性を選ぶことは少ないでしょう(海外では文化の違いがあります)。

自分の彼女や奥さんが、他の人に胸元をあらわにしているのって、男性の心理からすると気持ちのいいものではないのです。以前、男性の友人と飲んでいたときに、胸の谷間が見える女性についての話題になりました。そこでは意外な答えばかりが。「一瞬ドキッ!とするけど目のやり場に困る」「相手が年を取っていると、見たくないもの見せられた、って感じ」「中味のなさを胸でカバーしているみたい」随分キツい言い方ですが、これが男性の本音。心して受け止めたいものです。

そして、女性自身も肌見せをしている女性を嫌う傾向にあります。もし、自分の彼氏の前で、胸の谷間をあらわにしている女性がいたら、不快に感じるものです。日本に住んでいる限り、その辺はちょっと気をつけたいものですね。

では、逆にどんな女性に色気を感じるのでしょうか?肌の露出の点でいうのならば、それは、過度に露出をしているのではなく、本当にごくごくわずかな肌がちらりと見えている状態、それが理想なのです。