バスタイムは最強の美容タイム

bustime

忙しい毎日を送っていますと、美容のために時間を確保するのが、難しいという方もいらっしゃることでしょう。しかし、お風呂くらいは毎日入りますよね?この時間をカラスの行水にしてしまうのは、とてももったいないこと。バスタイムに、自分のカラダそのものを触って感謝の気持ちを込めて、愛でてあげるなら、カラダは喜び、どんなに疲れていても、回復することでしょう。

バスタイムは最高の美容タイムです。自分を癒し、自分と向き合い気づきを得て、そこから価値を上げ、メンテナンスをする場所。それを習慣にすると、この先、精神的にも体形もさらによい方へ向かうでしょう。その時間は、ただカラダを綺麗に洗うだけではなく、まったく違う自分になれる可能性を作る時間でもあるのです。

しかも、自分に手をかける、ということは、メンタルへのよい影響もあり、ひいては美にも直結してきます。なぜでしょうか?

それは、女性は時間と手をかけたことに満足感を感じる、という特性があるからです。つまりインスタント的なことには満足感をあまり感じないゆえ、こうして自分に手をかけていることで自分自身が価値のある人間である、と無意識に理解するようになるのです。それらは美しさの土台となります。

こんな美容習慣を取り入れることができるでしょうか?

・ボディマッサージ・ヘッドマッサージ・ムダ毛の処理」
・オイルでの顔コリほぐし・腸もみ・ひじ、ひざ、かかとの角質ケア

また、私がやっているちょっと過激な美容&健康法についてご紹介しますね。それは、お風呂上がりに頭から水シャワーを浴びること。

初めてやったときは水の冷たさで心臓が止まるかと思いました(心臓が弱い方には向きません)。しかし、その後あり得ないくらいカラダがポカポカしてきたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です